スタッフ厳選 中古コピー機買うならコレを買え!

この質問に関するカテゴリ:リースについて

コピー機リースの料金相場を教えてください

100万円を超える業務用のコピー機・複合機を導入する場合、企業ではリースでの導入が一般的だが、コピー機・複合機を販売している会社のホームページ等には料金が明確に書かれてなく、一体どれくらいの料金が一般的な相場なのかが分からない状況じゃ。

いざ、導入しようとして業者から見積りをもらっても果たして「コピー機の見積りをもらったのはいいけど、これは高いのか?安いのか?」という判断が難しいのではないだろうか。

今回はそんな方のために、おおよその目安がつけられるようにコピー機をリースした場合の価格帯についてご紹介しよう。

リースのメリット・デメリットについては『複合機をリースするメリットは何ですか?』をチェックしておこう。

リースできるコピー機・複合機おすすめランキング

動画でもご覧いただけます

記事を読む時間が無い方には動画でも説明しているので、こちらをご参照いただければ幸いじゃ。


コピー機・複合機のリース料金相場

まずは定価100万~300万程度の業務用コピー機・複合機が、どれくらいの料金で販売されているものなのかを一覧にしたのでご覧いただきたい。

コピー機・複合機のリース料金相場
 5,000円未満
最も安い価格帯
10,000円~15,000円
標準的
30,000円以上
かなり高い
企業規模1名~5名程度
SOHO、個人事務所など
3名~10名
ごく一般的な使い方
20人以上
極端に利用頻度が高い
または特殊な使い方をしている
機能面必要最低限の機能標準仕様
(4段、ADF、1台4役)
高画質、高速印刷
オプション多数搭載
想定月間
印刷枚数
月間0~500枚程度月間1,000枚~3,000枚程度月間5,000枚以上

上記の通り「5,000円~30,000円」ほどの価格帯が、コピー機・複合機の一般的なリース料金の相場となっている。

また、リース料金は「単月料金」と「支払い回数」を表示されることが多く、リース料金の総支払額はこれらを単純に掛けることで計算できる。

月額リース料金別、支払総額目安
月額\回数5年(60回)6年(72回)7年(84回)
5,000円30万円36万円42万円
10,000円60万円72万円84万円
15,000円90万円108万円126万円
20,000円120万円144万円168万円
25,000円150万円180万円210万円
30,000円180万円216万円252万円

コピー機・複合機の価格の違い

では、なぜ同じ業務用のコピー機にも関わらずここまで料金が異なるのか?「コピー機・複合機の価格の違い」について3点ご説明しよう。

カラーかモノクロかで価格は違う

1点目は、コピー機・複合機には大きく分けて「カラー印刷ができる」モデルと「モノクロ印刷しかできない」モデルの2種類があること。カラー印刷ができるタイプだと、カラーもモノクロも両方印刷できるが、モノクロ印刷しか対応していなければ、カラー印刷はできない。

もちろん、カラー印刷ができるタイプの方が価格は高くなるぞ。

オプションが必要な場合がある

2点目は、メーカー希望小売価格はいわゆる「標準構成」となっており、機能やモデル・メーカーにより「オプション」が必要となる場合があること。

例えば、給紙カセットや自動原稿送り装置(ADF)、フィニッシャーやステープル機能といったものが代表的だが、これらが標準構成に組み込まれていない場合、オプションとして別途料金がかかる。

同シリーズでも印刷速度により価格が違う

3点目は、大きな価格の違いは「印刷速度」というスペックに依存していること。

例えばOAランドの看板機種である「SHARP MXシリーズ」でご説明すると、MXシリーズだけでも10種類以上の機種があり、それぞれ定価も100万~300万と幅広く分かれている。

同シリーズでもここまで価格が違うのは、カラー・モノクロ以外にも「印刷速度」の違いがとても大きいのじゃ。

印刷速度についてはコピー機・複合機選びでもっとも重要な基準になる。詳しくは『【決定版】失敗しないコピー機の選び方』を見ておこう。

この3点が、コピー機・複合機の価格を決定する三大要因になっている。

なお、同じ型番・同じ仕様にも関わらず、販売店により価格が違うことも多々ある。これは単純に販売店の実力と判断していただいていいだろう。

リース料金だけではなく保守料金に注意しよう

コピー機・複合機は、リース料金の他に「保守料金」というものが発生する。詳しくは『保守契約とは何ですか?コピー機導入時には加入しなければいけませんか?』で解説しているが、リース料金は「コピー機本体の料金」で、保守料金は「コピー機の維持費」としてお考えいただければ分かりやすい。

印刷する度に料金がかかる「カウンター保守契約」といったものが代表的なもので、月々数千円~数万円かかるので、リース料金だけではなくカウンター料金がかかることを頭に入れておこう。

リース料金よりも重要ながらも見逃しがちな、カウンター料金の相場については『業務用のコピー機・複合機の相場はどれくらいですか?』でご紹介しているので参考にしていただきたい。

パッと見のリース料金が安いコピー機・複合機ほど保守料金が高くなるので、目の前の安さだけに飛びつくと、最終的に損をしてしまう可能性が非常に高いので注意しよう。

もっと具体的なリース料金の相場を調べるには

ここでご紹介したコピー機・複合機のリース料金の相場は、一般的に「どれくらいの料金を支払うものなのか?」ということにフォーカスしてご紹介した。

実際、コピー機・複合機を導入する時には、コピー機の機種名や必要なオプションが分かるので、それをベースにいくつかの販売店から相見積もりを取り、もっとも信用できそうな会社から購入するのが良い。

コピー機・複合機をリースで導入すると、最低でも5年間は同じ業者と付き合うことになる。コピー機の修理対応やその後の追加発注などビジネス上の付き合いも考えられるので、安いだけではなく極力信用できる会社を選ぶのが何より重要な失敗しないコピー機選びじゃ。

はじめてコピー機を導入する方には

初めてコピー機を導入する方には、まず『無料でできる診断シミュレーション』を使うことをオススメしているぞ。

ご自身の使い方によって、どれくらいの性能のコピー機が適しているかをその場ですぐ診断してくれるシミュレーションなので、コピー機選びの基準としてお使いいただけるのじゃ。

5万社が利用した"安さ"がウリの業務用コピー機・複合機の導入相談はこちら 使い勝手が良くコストのかからない、貴社の要望に最適な一台をご提案いたします。
お見積書は無料で一時間以内にご提出いたします。

前のページへ戻る

▲このページのトップへ

あなたの質問が掲載されるかも?コピー機博士に相談してみよう!

ご意見・ご質問ありがとうございました!
投稿いただいたご質問は必ず目を通します。
今すぐ回答が欲しい場合は無料相談窓口をご利用ください。

ご質問いただいた内容には必ず目を通します。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承ください。
コピー機・複合機についてのご不明点やご相談については無料相談窓口をご利用ください。

質問する

理想のコピー機と出会えるシミュレーション

スタッフ厳選 中古コピー機買うならコレを買え!

王道コピー機 中古シャープカラー複合機 MX-2310F(2段)

カテゴリーから探す
オススメから探す
目的から探す
価格から探す
年式から探す
利用頻度から探す
人気のメーカーから探す
仕事から探す

知りたい質問をカテゴリから探すのじゃ!

無料相談・お問い合わせ

コピー機・複合機のお見積りやご質問、機能については、お気軽にお問い合わせください。
分かりやすく丁寧をモットーに、すぐにご回答致します。

私たちが担当スタッフです フリーダイヤル担当スタッフの中から3名をご紹介します。ご相談の4STEP お電話にてお問合せ 在庫の確認 ご回答・ご提案 すぐにお見積り
社員集合写真0120-464-081 平日10:00~19:00 土曜 10:00~16:00

メールでのお問い合わせはこちら

※メールでのお見積り・お問い合わせは24時間受付しております。ご連絡は弊社営業時間中となります、あらかじめご了承ください

ページトップへ