スタッフ厳選 中古コピー機買うならコレを買え!

この質問に関するカテゴリ:保守契約について

カウンター保守契約とスポット保守契約では、保守料金はどちらが得になりますか?

ここはコストでの損得で考えるよりもビジネスとして使う上での安心として考えた方がよいぞ。そのため、コピー機を継続的に使う場合は、「カウンター保守契約」か「キットトナー保守契約」に加入することをお勧めしているぞ。

業務用コピー機なら、カウンター保守契約が最終的にお得

コピー機は、特に修理費用やドラム交換などの費用が高額で、十万円以上の思わぬ出費が発生することがあるため、将来的なコストが見えなくなる。

特に初めてのコピー機の場合は、基本的には「スポット保守契約」の選択肢はできるだけ避けて、万が一の時でも安心して使えるカウンター保守契約またはスポット保守契約に加入しておくのがコストリスクを最小限に抑えることに繋がる。

特にカラーコピー機はトナー代を実費で買うと高い!

カウンター保守契約はトナー代込みだが、スポット保守契約は別料金

蛇足じゃが、カラー印刷ができるコピー機・複合機はモノクロモデルよりも内部が複雑に作られているため、故障の頻度はどうしても多くなる。

その都度、出張費や部品代をかけて修理するのは、あまり得策ではないし、また、トナーもCMYKの4本分かかるため、カウンター料金以上にランニングコストがかかることが多いので、なおさらトナー代込みのカウンター保守契約がおすすめじゃ。

スポット保守契約を選択するケース

以下のケースに該当する場合は、そもそも保守契約に加入することができないため、自動的にスポット保守契約を選択することになるので注意していただきたい。

  • 対象外の地域
  • 販売店で加入手続きを行っていない
  • メーカーが対応していない

むしろこの場合は、他メーカーのコピー機・複合機を選択することをオススメする。

短期間ならレンタルにしよう

最後に、「短期間しか使わないから」という理由でスポット保守契約を求める方もいるが、その場合はレンタルする方がコスト面では安上がりじゃぞ。地域は限定されているが、解約したい時に解約できるし、保守もレンタル特別プランで組んでいるから、通常と変わらぬ保守サービスが受けられるのじゃ。

おすすめコピー機・複合機 人気ランキング

5万社が利用した"安さ"がウリの業務用コピー機・複合機の導入相談はこちら
使い勝手が良くコストのかからない、貴社の要望に最適な一台をご提案いたします。
お見積書は無料で一時間以内にご提出いたします。

前のページへ戻る

▲このページのトップへ

あなたの質問が掲載されるかも?コピー機博士に相談してみよう!

ご意見・ご質問ありがとうございました!
投稿いただいたご質問は必ず目を通します。
今すぐ回答が欲しい場合は無料相談窓口をご利用ください。

ご質問いただいた内容には必ず目を通します。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承ください。
コピー機・複合機についてのご不明点やご相談については無料相談窓口をご利用ください。

質問する

理想のコピー機と出会えるシミュレーション

スタッフ厳選 中古コピー機買うならコレを買え!

王道コピー機 中古シャープカラー複合機 MX-2310F(2段)

カテゴリーから探す
オススメから探す
目的から探す
価格から探す
年式から探す
利用頻度から探す
人気のメーカーから探す
仕事から探す

知りたい質問をカテゴリから探すのじゃ!

無料相談・お問い合わせ

コピー機・複合機のお見積りやご質問、機能については、お気軽にお問い合わせください。
分かりやすく丁寧をモットーに、すぐにご回答致します。

私たちが担当スタッフです フリーダイヤル担当スタッフの中から3名をご紹介します。ご相談の4STEP お電話にてお問合せ 在庫の確認 ご回答・ご提案 すぐにお見積り
社員集合写真0120-464-081 平日10:00~19:00 土曜 10:00~16:00

メールでのお問い合わせはこちら

※メールでのお見積り・お問い合わせは24時間受付しております。ご連絡は弊社営業時間中となります、あらかじめご了承ください

ページトップへ