富士フイルム新社名促進キャンペーン FUJIFILM 今だけ!入替割で10万円OFF!10月納品限定特価販売中!

コピー機・複合機は、リースと購入買取するのではどちらがお得ですか?

この質問に関するカテゴリ:リースについて

コピー機・複合機は、リースと購入買取するのではどちらがお得ですか?

一般的な企業でコピー機・複合機を導入する場合、主に「リース」「購入(買取り)」「レンタル」の3つの選択肢があるが、ほとんどの場合は「リース」が選ばれている。

その理由は、経費で落とせたり資産扱いされなかったりと経営上都合が良いこともあるが、一昔前は「中古コピー機」の存在が一般的では無かったからだろう。今は中古コピー機を扱い業者も増えてきているので、「購入」の選択肢も増えてきているが、まだまだ企業ではリースでの導入が一般的じゃ。

今回は、そんな「リース」「購入」ではどちらがお得なのかを詳しくご説明しよう。初めてコピー機・複合機を導入する方や、買い替えを検討している方にとっては、とても有益な情報なのでぜひご覧いただきたい。

リースに最適なおすすめコピー機・複合機ランキング

コピー機・複合機のリースと購入の違い

まずは大きな違いを以下の表にまとめたのでご覧いただきたい。

コピー機・複合機のリースと購入の違い
 リース購入(買取り)
所有権リース会社お客様
契約者法人のみ個人・法人
利用期間通常5年~7年制限無し
中途解約不可制限無し
商品選べる(新品のみ)選べる(新品・中古問わず)
初期費用かからないかかる
固定資産ならないなる
経費処理※可能不可
減価償却※不要必要
※30万または10万未満は例外あり。

他にも違いは多数あるが、大きく違うのは上記にまとめた内容じゃろう。ほぼ真逆にであると考えてもらっても良いくらい違う。

特に注意すべきは、新品の場合はリースの選択肢があるが、中古品にはリースの選択肢が無いこと。仮に中古品でリースのような「分割払い」をする場合は、支払い方法として割賦やローン、クレジットなどを選択しよう。

それでは次に、これらを踏まえた上でそれぞれのメリット・デメリットについて触れよう。

リースのメリット・デメリット

コピー機・複合機をリースで導入した場合のメリット・デメリットは以下のようなものが挙げられる。

リースのメリット

  • リース料金は経費扱いできる。
  • 買い取りの場合、減価償却分のみが経費扱いとなる。リースであれば毎月のリース料金の全額を、経費扱いすることができるのじゃ。

  • 初期費用がかからない。
  • 複合機の導入には多額の初期費用がかかる。しかしリースにすると、初期にかかる費用もひっくるめて、リース会社が代行してくれるのじゃ。

  • 原価償却や固定資産税が発生しない。
  • リースで設置した複合機の所有権は、リース会社にある。したがって買い取った場合とは異なり、決算や申告など面倒な経理処理は不要となるのじゃ。

  • 月々固定の支払い額となる。
  • 月々のリース費用に加え、カウンター料金を支払うのみとなるため、使用量に大きな変動がない限り、その額は安定したものとなる。また、現在は「カウンター保守」という契約形態が多く、修理代はもちろん、意外と高額なトナー代やドラムユニット代も不要となるのじゃ。

リースのデメリット

  • 途中で解約できない。
  • リースでは、契約者に代わってリース会社が複合機を所有する。そして、契約者は月々のリース料金を支払うことで、リース会社に返済していくという、いわば金融取引じゃ。したがって中途解約は非常に困難で、廃業などやむを得ない理由で手放す場合でも、残りのリース料金を全額支払う義務が生じる。契約前には慎重に検討することが大切じゃ。

  • リース会社の審査が必要。
  • 金融取引である以上、リースでも審査は必要となる。ただ、銀行の融資より審査基準は緩めじゃ。

  • 中古のコピー機・複合機には適用できない。
  • 複合機は、中古品でのリース契約はできない。リースの契約は、あくまでも新品の商品のみじゃ。

リースのメリットは『コピー機・複合機をリースするメリットは何ですか?』にて、より詳しくご説明しているので合わせて確認しておこう。

動画でリースのメリット・デメリットをご紹介しています

記事を読む時間が無い方には動画でも説明しているので、こちらをご参照いただければ幸いじゃ。


コピー機・複合機をお得にリースするならこちら
シャープ、キヤノン、ゼロックスなど人気メーカーから選べます。コスパ最強の人気No.1モデルもおすすめ!

購入(買取り)のメリット・デメリット

続いて、コピー機・複合機を購入した場合のメリット・デメリットは以下のようなものが挙げられる。

購入(買取り)のメリット

  • 所有権が自分にあるため売却や譲渡ができる。
  • 自分のものなので、機器をどう利用しようと自由じゃ。使用の途中で不要となった場合は、自由に売ったり譲ったりすることが気兼ねなくできるのも利点じゃ。

  • 契約期間に縛られることがない。
  • リースは、基本的に解約ができない金融取引じゃ。一度導入したら、数年間は何があろうと使い続けなければならん。買い取りであれば、自分の好きなタイミングで新商品に乗り換えることができるぞぃ。

  • 一定額未満のものは少額減価償却資産の特例が使える場合がある。
  • 10万円以上30万円未満の複合機は、原則として資産計上をする必要がある。しかし、中小企業や個人事業主の場合、少額減価償却資産の特例を使えば、その年度に一括で経費として計上が可能じゃ。

購入(買取り)のデメリット

  • 初期費用がかかる。
  • 導入時に、多額の本体費用と搬入・設置・設定費用が一気にかかる。手持ちのキャッシュが減ってしまうのも難点じゃ。

  • 原価償却などの事務処理が増える。
  • 減価償却は数年にわたり行う必要があるため、経理的な負担がかかる。経理部門を独自に持っている事業所であれば、問題はない。

  • 固定資産などの税金がかかる。
  • 複合機・コピー機は固定資産じゃ。償却資産に対しては固定資産税がかかる。法定耐用年数は5年となっておる。

中古のコピー機・複合機をお探しですか?
最安値なんと10万円以下で導入可能!中古とは思えない良質な最新機種もお買い得価格で販売中!

結局、リースと購入(買取り)はどっちがお得?

コピー機・複合機は、リースの方が得なのか、購入の方が得なのかは、その時のキャッシュフローの状況や新品中古、今後の使い方などにより変わってくるじゃろう。

例えば、決算対策などでキャッシュを使いたい時や、中古品にすることで少しでも費用を抑える場合は「購入」の方が得じゃろうし、長期的な利用計画があったり月々の費用計算や事務処理を軽減するならば「リース」の方がお得になる。

どちらにもメリット・デメリットはあるため、その時々に応じて検討するのが良いということを、結論にしたいと思う。もし、コピー機・複合機の導入に困ったら無料相談窓口で相談すると良いぞ。

5万社が利用した"安さ"がウリの業務用コピー機・複合機の導入相談はこちら 使い勝手が良くコストのかからない、貴社の要望に最適な一台をご提案いたします。
お見積書は無料で一時間以内にご提出いたします。

前のページへ戻る

▲このページのトップへ

あなたの質問が掲載されるかも?コピー機博士に相談してみよう!

ご意見・ご質問ありがとうございました!
投稿いただいたご質問は必ず目を通します。
今すぐ回答が欲しい場合は無料相談窓口をご利用ください。

ご質問いただいた内容には必ず目を通します。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承ください。
コピー機・複合機についてのご不明点やご相談については無料相談窓口をご利用ください。

質問する

コピー機博士によくあるご質問

業務用のコピー機・複合機の相場はどれくらいですか?

コピー機リース(新品)の相場は印刷速度が25枚~30枚の標準的な複合機の場合、カラー複合機が定価で120万円から販売されていますが、オプションを付けると400万円ほどになることもあります。また、モノクロ複合機の場合は定価で70万円から販売されていますが、こちらもオプション次第では300万円ほどになる場合もあります。
中古コピー機の販売価格の相場は、OAランドでは「10万円以下」「10~20万円」「20万円~」に分かれており、ほとんどのモデルが30万円以内で購入することができます。例外として最新型やカウンター数が1万枚以下の極上品等を「30万円~」で販売しております。
詳しくはこちらをご確認ください。

評判の良いコピー機・複合機のメーカーはどこですか?

業務用コピー機・複合機の主要メーカーの物は、機能面だけで見れば大きな差はなく、どれを選んでも十分満足のいく機能を発揮してくれることは間違いありません。それでもあえてメーカーを選ぶなら、コスパなら「シャープ」、品質なら「富士フイルム」、総合力なら「キヤノン」、デザインなら「コニカミノルタ」、管理なら「リコー」のコピー機・複合機がおすすめです。
詳しくはこちらをご確認ください。

保守契約とは何ですか?必ず加入しなければいけませんか?

保守契約とは、一般的によくある製品保証のようなもので、精密機械である業務用のコピー機・複合機は故障しやすく、修理費も高額なため加入することが必須となっています。保守契約を結べば、毎月一定の保守料金で万が一の際の修理費用や部品代、消耗品が無料になるなど、お得なサービスが受けられます。
詳しくはこちらをご確認ください。

コピー機・複合機のリースとレンタルの違いを教えてください。

コピー機・複合機のリースとはリース会社が代理でコピー機を新規購入し、それを借りて使用する中~長期契約(5年~7年)のことです。レンタルと違い、ご希望のコピー機を新品で導入することができます。一方でレンタルはレンタル会社から中古品のコピー機を借りて使用する短期契約(数日~3年程度)のことを指します。レンタルは途中解約が可能で、レンタルしたコピー機の管理はレンタル会社が負います。(ユーザーの過失でない故障時には代替機を提供)一般的には中長期的に利用するならリース、短期間で利用する場合はレンタルの方が費用面でメリットがあるといわれています。
詳しくはこちらをご確認ください。

コピー機で印刷したら黒い線が入るのですが、どこを清掃したらいいですか?

コピー機・複合機を使っている時に黒い線が出てしまう場合、特定の操作をしたときだけ症状が出るということがよくあります。コピーや印刷をした時にどのような操作をした時に黒い線が出るのか、問題の特定をすると清掃する場所の目安になります。
大きく分けて清掃の種類は、「鏡面ガラスの清掃」「ADFミラーの清掃」「本体内部の清掃」に分けられます。
また、これらの清掃を行っても改善されない場合は「結露」による症状の可能性も考えられるので、その場合は少し時間を置いてみるのも良いでしょう。
詳しくはこちらをご確認ください。

▲このページのトップへ

バナー:頼れるメンテナンス 購入後のサポート、保守メンテナンスはお任せください!

カテゴリーから探す
オススメから探す
目的から探す
価格から探す
年式から探す
利用頻度から探す
人気のメーカーから探す
仕事から探す

知りたい質問をカテゴリから探すのじゃ!

バナー:頼れるメンテナンス 購入後のサポート、保守メンテナンスはお任せください!

無料相談・お問い合わせ

コピー機・複合機のお見積りやご質問、機能については、お気軽にお問い合わせください。
分かりやすく丁寧をモットーに、すぐにご回答致します。

先行き不透明な今だからこそ、固定の毎月のリース料が発生しない良質の中古コピー機をお使いになられることをお勧めします。現在、コロナ対策購入相談受付しております!

私たちが担当スタッフです フリーダイヤル担当スタッフの中から3名をご紹介します。ご相談の4STEP お電話にてお問合せ 在庫の確認 ご回答・ご提案 すぐにお見積り
社員集合写真0120-464-081 平日10:00~19:00 土曜 10:00~16:00

メールでのお問い合わせはこちら

※メールでのお見積り・お問い合わせは24時間受付しております。ご連絡は弊社営業時間中となります、あらかじめご了承ください

※富士フイルムビジネスイノベーション株式会社の、2021年3月以前の社名は富士ゼロックス株式会社です。本サイトは富士ゼロックスブランドの商品を含みます。本サイトに掲載している富士ゼロックスブランドの商品は、米国ゼロックス社との商標ライセンス契約に基づいて提供している商品です。商品提供者は富士フイルムビジネスイノベーション株式会社です。

FUJIFILM、およびFUJIFILM ロゴは、富士フイルム株式会社の登録商標または商標です。

ApeosPort およびDocuWorks は富士フイルムビジネスイノベーション株式会社の登録商標または商標です。

※Xerox、Xerox ロゴ、およびFuji Xerox ロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。Xerox、Xerox ロゴ、Fuji Xerox ロゴ、およびFreeFlow は、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。

ページトップへ