スタッフ厳選 中古コピー機買うならコレを買え!

この質問に関するカテゴリ:保守契約について

コピー機・複合機のスポット保守契約とは何ですか?

スポット保守契約とは、業務用コピー機を不具合が起きた都度、有償で修理する『保守契約』のひとつのことじゃ。中古コピー機でしか適用されないため、一般的にはあまり耳にしない形態なので、よく分からないという人も多い。

今回は、スポット保守契約の仕組みや具体的な支払い例を交えてどういう仕組みになっているのかを詳しくご説明しよう。

そもそもの保守契約については『保守契約とは何ですか?コピー機導入時には加入しなければいけませんか?』を確認してみよう。

スポット保守契約でも導入できる中古コピー機・中古複合機

スポット保守契約の概要

スポット保守契約の大きな特徴は、継続的に支払う費用は消耗品の実費だけで、他の保守契約のような継続的な費用がかからないことじゃ。

下記の表に情報をまとめたので参考にしてほしい。

スポット保守契約の特徴
トナー有料
修理費有料
カウンター料金不要
印刷単価なし(トナー代実費のみ)
支払い必要に応じて都度
更新なし

【スポット保守契約の特徴】

  • トナーなどの消耗品はすべて実費負担。
  • コピー機故障時は修理業者に自分で修理依頼を出す。
  • 修理費用は作業代・パーツ代すべて実費負担でその場支払い。
  • 契約などが存在しないため自由に使える。

【備考・諸注意】

  • 主に中古品のみ適用されるが対象は少ない。
  • 修理費用や消耗品代はメーカー、機種により大きく変わる。
  • 修理費用は修理後でないと分からないことが多い。

このように、全て実費となるため無駄な支払いは必要ないため、一見すると安上がりに見えるが実はそうでもない。修理時の費用感が見えず、思わぬ出費が発生する場合もある。

場合によっては中古コピー機を買い替えた方が安いほどの費用がかかる場合もあるため、長い間使うというよりも「とりあえず壊れるまで使えればOK」といった時に導入しやすい保守契約形態となっている。

保守料金を安くしたい人が選ぶコピー機
激安価格で導入できる中古コピー機なら、保守料金も安くコスパ最強!

スポット保守料金のメリット・デメリット

一長一短が極端なスポット保守契約だが、実際にどれくらいの費用がかかるのか例を出そう。

●印刷に黒い筋が出てしまって重要な部分が見えない。
⇒修理を頼んだら、感光体ドラムに異常があるため交換とのこと。合わせて予備トナーも4本購入した。

▼実費による修理をした場合

  • 出張費:18,000円/一回
  • 作業費:6,000円/30分
  • ドラム代:50,000円/本
  • トナー代:15,000円/本 × 4本
  • 合計:178,000円

メーカーや機種により異なるが、これくらいの費用がかかることもある。

特にトナー代は意外と高く、さらにカラーコピー機だと4本のトナーが入っているのて、ランニングコストは通常のカウンター料金よりも倍以上高くなることもある。十分に注意してほしい。

スポット保守契約のメリット・デメリット
メリットデメリット
継続的な支払いが必要最低限で収まる。修理コストが大きい。
 印刷単価が比較的高い。
 修理手配を自分で行う必要がある。

スポット保守契約で損をしないためには

こうやって見るとデメリットが目立つが、「毎月かかる固定の費用が無い」というメリットはそれらのデメリットを一掃するほどの効果が出るケースもある。

最後に、どういう時にこのスポット保守契約を選択すればいいのかをご紹介しよう。

【こんな時はスポット保守契約を選ぼう】

  • 短期間しか使わず、中古コピー機を導入する場合
  • 故障の都度、買い換える場合
  • 極端に利用頻度が少なく、中古コピー機を導入する場合
  • 中古コピー機で、カウンター保守対応エリア外だった場合

基本的に加入できるのは中古コピー機だけじゃ。

中古コピー機を購入する場合は、基本的に保守契約への加入を推奨しているが、例外として、短期間しか使わない場合や極端に利用頻度が少ない(月に一度も使わないこともある)場合は、固定費用がかからないスポット保守契約の方が低コストで収まる場合がある。

【短期間の場合】

例えば数ヶ月程度しか利用しない場合、その間にコピー機に致命的なエラーが起きることは確率的に少ない。(ただし絶対ではないのでご理解いただきたい)この場合、修理を一度も呼ぶことなく使い終わることもあるので、スポット保守契約でも十分といえる。若干、賭けに近い要素ではあるが。

【費用頻度が少ない場合】

コピー機はある程度定期的に動かさないと画質が劣化したり、部品がうまく動かなくなってしまうことがあるが、それでも毎月固定の費用を支払い続けるよりも、一度か二度程度のスポット修理の方が安上がりになることがある。

【保守対応エリア外だった場合】

これは販売店にもよるが、カウンター保守契約が適用できない場合はスポット保守契約を勧められることがある。この場合は販売店経由では修理サービスを受けることができないケースがほとんどなので、メーカーに直接依頼したり、近隣で修理できる業者を自分で探す必要がある。スポット保守契約しか選択肢がない状況なので、面倒な場合は違うコピー機で検討した方が無難ともいえる。

このように、一部の使い方によってはスポット保守契約のメリットが活かせるので、ぜひ使い方なども含めて『無料相談窓口』で相談してみてほしいのじゃ。

5万社が利用した"安さ"がウリの業務用コピー機・複合機の導入相談はこちら
使い勝手が良くコストのかからない、貴社の要望に最適な一台をご提案いたします。
お見積書は無料で一時間以内にご提出いたします。

前のページへ戻る

▲このページのトップへ

あなたの質問が掲載されるかも?コピー機博士に相談してみよう!

ご意見・ご質問ありがとうございました!
投稿いただいたご質問は必ず目を通します。
今すぐ回答が欲しい場合は無料相談窓口をご利用ください。

ご質問いただいた内容には必ず目を通します。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承ください。
コピー機・複合機についてのご不明点やご相談については無料相談窓口をご利用ください。

質問する

理想のコピー機と出会えるシミュレーション

スタッフ厳選 中古コピー機買うならコレを買え!

王道コピー機 中古シャープカラー複合機 MX-2310F(2段)

カテゴリーから探す
オススメから探す
目的から探す
価格から探す
年式から探す
利用頻度から探す
人気のメーカーから探す
仕事から探す

知りたい質問をカテゴリから探すのじゃ!

無料相談・お問い合わせ

コピー機・複合機のお見積りやご質問、機能については、お気軽にお問い合わせください。
分かりやすく丁寧をモットーに、すぐにご回答致します。

私たちが担当スタッフです フリーダイヤル担当スタッフの中から3名をご紹介します。ご相談の4STEP お電話にてお問合せ 在庫の確認 ご回答・ご提案 すぐにお見積り
社員集合写真0120-464-081 平日10:00~19:00 土曜 10:00~16:00

メールでのお問い合わせはこちら

※メールでのお見積り・お問い合わせは24時間受付しております。ご連絡は弊社営業時間中となります、あらかじめご了承ください

ページトップへ